depuis Janvier 2011

2018年11月20日火曜日

マリー・テレーズ王女の替え玉?!ルイ16世の私生児?!②

前回の話に引き続き、マリー・アントワネットの養女であったエルネスティーヌについてみて行きましょう!
今日は、エルネスティーヌとマリー・テレーズのすり替わり説についてお話します^^

エルネスティーヌの生い立ちは前回書きましたので、マリー・テレーズの生涯についてざっくりとご紹介します。

1778年12月19日、フランス国王ルイ16世と、王妃マリー・アントワネットの間に第一子として生まれた王女です。「マリー・テレーズ・シャルロット・ド・フランス」というのが正式名ですが、「マダム・ロワイヤル」という愛称でも呼ばれます。

王宮のあるヴェルサイユで生れ育ちますが、もうすぐ11歳の誕生日を迎えようという1789年10月6日に、フランス革命の煽りを受け、家族と共にパリのチュイルリー宮殿へと移り住むことになります。
1791年6月20日、父、母、弟、伯母、そして自分と弟の養育係の6人で、ベルギー国境近くの城塞都市モンメディへ向けて逃亡しますが、あえなく失敗し、5日後に再びチュイルリー宮殿へ戻ります。
(前回書きましたが、エルネスティーヌも国王一家と共にチュイルリー宮殿へ移りました。そして一家の逃亡には同行せず、一時的に父親の元へ帰った、もしくはサント・マリー修道院に身を寄せたと言われています。国王一家が宮殿へ戻ると、エルネスティーヌも同様に戻りました)

1792年8月10日、チュイルリー宮殿がパリの群衆に襲撃され、3日後に国王一家はパリ市内のル・タンプルという場所へ幽閉されます。翌年1月には父が、10月には母が処刑。そしてその翌年には伯母も処刑され、残った弟も更に1年後の1795年に、ル・タンプル内で病死しました。母、伯母、弟の死については、後になって知らされたと言われています。
(エルネスティーヌはル・タンプルへは同行せず、どこかへ身を隠したと言われています)

1796年1月、オーストリアにいるフランス人捕虜との引き換えという条件で、マリー・テレーズはル・タンプルから釈放されてウィーンへ送られます。
その後もフランスの政治状況に振り回されながら、ロシアやイギリス、ポーランド等、ヨーロッパ各地を転々とする生活をし、そんな最中である1799年6月10日に、従兄にあたるルイ・アントワーヌ(アングレーム公爵)と結婚し、アングレーム公爵夫人となります。

フランスの王政復古によって故国フランスへ戻るも、1830年に起きた7月革命により再びイギリスへ亡命。その後オーストリアへ移り、1851年10月19日、肺炎のため72歳で逝去しました。

…と、これがオフィシャルに言われているマリー・テレーズの人生です。

しかし1954年に出版された、フレデリック・ド・サックス-アルテンブール氏の『マダム・ロワイヤルの謎』という本の中では、マリー・テレーズがル・タンプルから解放されウィーンへと旅立つ際に、エルネスティーヌとすり替えられた。と書かれているのです!つまり、1796年1月にオーストリアのウィーンへ到着したのはマリー・テレーズ王女本人ではなく、王女になりきったエルネスティーヌであり、その後死ぬまでマリー・テレーズとして真実を隠しながら生きたというのです。当然、ルイ・アントワーヌと結婚したのもエルネスティーヌで、ルイ・アントワーヌの父であるアルトワ伯爵も、叔父にあたるプロヴァンス伯爵も(どちらもルイ16世の弟)、承知の上だったと言います。

それでは本物のマリー・テレーズはどうしたかというと、エルネスティーヌとすり替わった後、ソフィー・ボッタと名を変えて、オランダ人外交官の保護によりドイツのヒルトブルクハウゼン、次いでアイスハウゼンで隠匿生活を送り、1837年に死去したというのです。いつも黒い服を着用し、ベールで顔を覆って生活していたことから、『闇の伯爵夫人(La comtesse des ténèbres)』というあだ名で呼ばれていたと言われています。

サックス-アルテンブール氏の著作が発端となり、主にドイツでこの替え玉説の研究が行われ、これらの主張は正しいとする歴史家も出始めました。果たして真実はどうなのでしょうねぇ?!

母国フランスでは、替え玉説をキッパリ否定する歴史家がいます。その一人、クリスティアン・クレパンは、この替え玉説について40年もの歳月を研究に費やし、2002年に「アングレーム公爵夫人はエルネスティーヌなんかではない!」(つまり、エルネスティーヌはマリー・テレーズとすり替わってルイ・アントワーヌと結婚なんかしていない)といった内容の研究結果を発表しました。
その一番の根拠は、現存されているランブリケ家の各種証書だと言います。当時、フランス各地の教会は、その教会が管轄している地域住民の出生、洗礼、死亡、婚姻などの取りまとめを行っており、正式な証書として台帳に残していました。また首都パリでは、1795年に行政区が出来てからは、各区役所がそれらの取りまとめを行い、いわゆる戸籍謄本を作って管理していたようです。
それによるとエルネスティーヌは…

【ヴェルサイユのサン・ルイ地区の台帳より】
1778年7月31日 ヴェルサイユにて出生
1778年8月1日 ヴェルサイユにて受洗

【パリ(パッシー)の戸籍謄本より】
1810年12月7日 ジャン・シャルル・ジェルマン・プロンパンと結婚
1813年12月30日 パッシーにて死去

と記載されているとのことです。
もしエルネスティーヌが1796年にマリー・テレーズとすり替わってオーストリアへ渡り、上記した人生を送っていたなら、1810年に結婚したとも、1813年に死亡したとも、戸籍謄本に記載されるわけがありません。よって、替え玉説は嘘だと、クリスティアン・クレパンは述べています。

またその後、2014年7月28日に発表された、上記『闇の伯爵夫人』と呼ばれたソフィー・ボッタとマリー・テレーズ王女のDNA鑑定の結果が「同一人物ではない」であったことからも、マリー・テレーズがエルネスティーヌとすり替わって闇の伯爵夫人になったという説が完全に否定されたわけで、その結果、替え玉説はやはり偽りだと、『替え玉説否定派』は主張しています。


因みにこの台帳や戸籍謄本を2日かけて調べましたが、ヴェルサイユのサン・ルイ地区の台帳は原本が残されていましたが、パリ(パッシー)の戸籍謄本は、1871年に起きたパリ・コミューンでの火災で1860年以前の戸籍謄本の大半が焼失したせいか、エルネスティーヌの婚姻と死亡の戸籍謄本の原本は見つけられませんでした。
ただ、パリ古文書のwebサイトで検索すると、1813年12月30日にマリー・フィリピーヌ(エルネスティーヌ)・ランブリケはパッシーにて死亡という情報がちゃんと出てきますし(原本は存在しないけれど、別途それを証明する何かが存在したということでしょうか)、ランブリケ家の家系図を調べたところ、エルネスティーヌの項目に出生、受洗、婚姻、死亡の日付と場所等が上記の通り明記されていました。

まあ、原本が無い以上、1810年の結婚と1813年の死去が本当かどうかなんてわからないと言えばそうですが、皆さんはマリー・テレーズとエルネスティーヌのすり替わり説、どのようにお考えになりますでしょうか?^^

こちら⇓が、エルネスティーヌの出生及び洗礼について記載されたサン・ルイ地区の台帳原本です。今も昔も、フランス人の筆記体は読みにくいので、書かれている文章と訳を、大事なところだけ付けておきました~^^



2018年11月12日月曜日

マリー・テレーズ王女の替え玉?!ルイ16世の私生児?!①

こんにちは!

前回の投稿「マリー・アントワネットのドレスはどこに収納されていた?」のコメント欄に、マリー・アントワネットの娘、マリー・テレーズがお好きでいらっしゃるsara様から、エルネスティーヌについて教えて欲しいとのコメントを頂戴いたしました。
彼女についてはあまり情報が無く、調べるのにちょっと時間がかかってしまいましたが、一応下記のような記述を見つけましたので、2回に渡ってご紹介いたしま~す(^-^)

まずは、「エルネスティーヌって一体誰?!」という方がほとんどだと思いますので、この人物についてお話いたします。

1778年7月31日、父・ジャック・ランブリケと母・マリー・フィリピーヌ・ノアロとの間に生まれた女の子で、マリー・フィリピーヌ・ランブリケ(名が母親と同じなのでややこしいですが^^;)が出生時の名前になります。
1788年4月30日、彼女が10歳になる年、王女マリー・テレーズ(ルイ16世とマリー・アントワネットの長女)の部屋付き侍女であった母親が亡くなったのを受け、マリー・フィリピーヌ・ランブリケは、王妃マリー・アントワネットによって養女にされました。その時、名前を「マリー・フィリピーヌ」から「エルネスティーヌ」と王妃に改名され、以後、「エルネスティーヌ・ランブリケ」と呼ばれます。
偶然、王女マリー・テレーズと同い年だったため、二人は本当の姉妹のように仲良く過ごしました。
エルネスティーヌはポリニャック家で暮らしながら、マリー・テレーズと同等の扱いを受けたと言われます。

フランス革命が起こり、国王一家がチュイルリー宮殿へ移された際にも、エルネスティーヌは一家と共にチュイルリー宮へ連れられています。
1791年6月20日、国王一家がモンメディへの逃亡に出発するにあたっては、父親のジャック・ランブリケの元へ託されたという説と、パリのサン・ジャック通りにあるサント・マリー修道院に身を寄せたという説があります。いずれにしても、逃亡が失敗に終わり、一家がチュイルリー宮殿へ戻ると、エルネスティーヌも宮殿へ戻りました。

…というのがエルネスティーヌの出生からの生い立ちなのですが、彼女がこの世に名を残しているのは、実は彼女は国王ルイ16世の私生児であるという説があることと、この後王女マリー・テレーズとすり替わって、彼女がアングレーム公爵夫人になったという、二つのビックリ説があるからなんです!!

では私生児説から見ていきましょう!
オフィシャルには父親は上記した通りジャック・ランブリケです。エルネスティーヌ(出生時は先に述べたようにマリー・フィリピーヌ・ランブリケという名前ですが、ややこしいので彼女のことはエルネスティーヌで統一します)の出生証明書は現存しており、ヴェルサイユのサン・ルイ地区で、父親はジャックであるとした出生記録が残っています。
しかし主にドイツで、エルネスティーヌは宮廷で小間使いをしていたマリー・フィリピーヌ・ノアロとルイ16世との間に産まれた子だという説を唱える歴史家がいるようです。ルイ16世が包茎手術をした後、❝手術の効果を確かめるために❞、小間使いを相手に試してみたところ、効果抜群で小間使いを妊娠させてしまったと!そして産まれたのがエルネスティーヌだというのです。つまり、マリー・テレーズとは腹違いの姉妹ということになりますね。
それを証明するものはいろいろあると言われていますが、私が見つけた記述としては、

①マリー・テレーズとエルネスティーヌが瓜二つだから。(父親が同じだからこそ瓜二つであると?)
②ジャック・ランブリケはオルレアン公(または国王のどちらかの兄弟)の下僕をしていたのですが、他の同職者より厚遇されていたから。(奥様を寝取った慰謝料?)
③母親が亡くなってエルネスティーヌは養女にされたが、エルネスティーヌの弟、オーギュスト・ルイ・ランブリケは養子にしてもらえなかったから。(弟には王族の血が流れていないから?もしくは王族の血が流れている姉が優先だから?)

といったものが挙げられていました。私個人としては、どれも決定打に欠ける主張に思えますが…^^;

例えば①は、残されている肖像画を元にした主張のようですが、エルネスティーヌの肖像画として残されているものは一つしかなく、それがもしかしたらマリー・テレーズを描いた肖像画である可能性も否定できないそうです。
②に関しては、実際にジャック・ランブリケがどれほど他の人より高い賃金を受け取っていたのかがわからないので、何とも言えず。ただ、王族に仕える者が他者より厚遇される理由は、コキュ(寝取られ夫)にされた時に限った優遇措置とは思えないので、決定的な理由ではないですよね。
③ですが、確かにエルネスティーヌは、母親が亡くなった直後に王妃から養女にしてもらった上、1200リーヴルのお金まで与えられています。弟も何かしらの恩恵を受けたという情報は何も無いので、何故姉だけがこれだけ良くしてもらえたのか不思議ではあります。
ただ、エルネスティーヌ以外にも、王妃が養子・養女にした孤児はいるようですし、また私の勝手なイメージではありますが、ぶっちゃけマリー・アントワネットは、その時々の気分や気持ちで養子にしてみたり、恩恵を授けたりしていたのではないかと思うんですね。あんまり深く考えず、キリスト教の慈悲の概念に基づき、「身近に孤児になった子がいる」→「養女にしてあげましょう」で、エルネスティーヌを養女に迎え入れた。しかし彼女に弟がいることや、姉だけに温情を与えたら弟が不憫だとか、そんなことまでいちいち考えなかったのだろうと思います。娘とエルネスティーヌがすでに仲良しだったので、養女にする前からエルネスティーヌには親しみや愛情を持っていたのかもしれません。弟が養子にされなかったから、すなわちエルネスティーヌは国王の私生児とは、直結しないように思います。

それにそもそも…ですが、「ルイ16世は包茎手術をしたか否か?」にも書いた通り、国王は包茎手術をしていないというのがどうやら正しいようですから、『術後の確認作業』というのが、そもそも怪しいワケです^^;
しかも何故その作業を王妃ではなく、小間使いとしたかというのも変な話です。まあ、男と女のことですから、『その場の諸事情』といったものがあったと言われれば、それまでですけどね(^_-)

では、次にマリー・テレーズとエルネスティーヌのすり替わり説について見ていきます。「マリー・テレーズ王女の替え玉?!ルイ16世の私生児?!②」を、お楽しみに!!(^O^)/



2018年1月27日土曜日

マリー・アントワネットのドレスはどこに収納されていた?

こんにちは!
またまたブログの読者の方からの質問にお答えすべく
新しい話題を披露いたします^^

前回の投稿「ルイ16世は包茎手術をしたか否か」のコメント欄に
yuka kono 様よりこのようなご質問を頂きました。


 『ヴェルサイユ宮殿で生活している間 マリーアントワネットのドレスはどんな部屋に収納されていたのでしょうか。
それとも着用したら、すぐ下の者に払下げられていたのでしょうか。。』


早速調べてみましたが、なかなか「この部屋に収納されていました」とピンポイントで書かれている資料や文献が無く、RMN(フランス国立美術館連合)が出版している「Gazette des atours de Marie-Antoinette」という、マリー・アントワネットの衣装資料の本にも、やはり収納場所のことは書いてありませんでした。
唯一、あるフランス人が「ヴェルサイユ宮殿の見学ツアーで、マリー・アントワネットのドレスや下着を収納しておく部屋を見学しました!」と、その部屋(3部屋あるそうです)の写真入りでネットに載せているものがあったのですが、後にそのご本人が「王妃の衣装収納部屋は、1789年にトゥールゼル夫人(マリー・アントワネットの子供達の教育係)の娘、ポーリーヌの住まいになったと最近出版された本で知りました」と書いていて、じゃあ、1789年まで、そこが本当にマリー・アントワネットの衣装収納部屋だったのなら、それ以降はどこが収納部屋になったのだ?!という疑問も湧いたりで、なんだか釈然としなかったのです。
結局、「ヴェルサイユ宮殿の中のことは、ヴェルサイユ宮殿に直接訊いちゃえ!」ってことで、宮殿にメールで質問してみました(^O^)b

以下、歴史家であり、ヴェルサイユ宮殿学術研究所所長でもあるMathieu da Vinha(マチュー・ダ・ヴィナ《とお読みするのカナ?》)氏からの回答です⇓


『マリー・アントワネットの衣装収納についてですが、まず、各季節ごとに着用するドレスだけが衣装収納部屋に保管されておりまして、その年に着る1年分のドレス全てが保管されていたわけではありません。もっとも、その季節に着用したドレスは、各シーズンの終わりに、彼女のお付きの侍女たち、いわゆる『Dame d'honneur』や『Dame d'atours』にあたる高位官職の侍女たちに贈与されており、時にはもっと下位である部屋付き侍女にまで与えられることもありました。
(注:マリー・アントワネットの侍女については、『Hさんのご質問②』『Hさんのご質問②の続き 』のところで詳しく説明しておりますので、良かったらご一読ください^^)

そしてその衣装収納場所ですが、王妃の居殿の中2階(1階と2階の間)にある3部屋で、現在は、ポーリーヌ・ド・トゥールゼルに充てがわれた部屋と言われている部分になります。王太子妃時代の衣装収納部屋も同じく中2階にあり、2階にある『図書の間』と『午睡の間』(『ヴェルサイユ宮殿の隠れた部屋』にある見取り図の9、11、12番)の真下になります。

また、南翼棟の庭園に面した側の屋根裏部屋にも衣装収納部屋があり、そこは召使たちの仕事場だったと考えられている所です。』


と、大変ご丁寧に教えて頂きました(^O^)
ポーリーヌ・ド・トゥールゼルが住んでいた部屋ということですから、上記したフランス人の言っている3部屋で間違いなさそうですね!(ただその方は、その部屋は中2階ではなく、3階だったと書いていましたが・・・)
私もすーんごい昔にポーリーヌの部屋を見学したことがあるのですが、あそこがマリー・アントワネットのドレスをしまっておいた部屋だったのかぁ~!もしかしたらその時、ガイドさんからそんな説明があったのかもしれませんが、すっかり忘れておりました^^;よく覚えているのは、その部屋の真上が王妃の私室なので、王妃の秘密の話などが下にいるポーリーヌにダダ洩れだった、とガイドさんが話していたことです^^

ポーリーヌが1789年に衣裳部屋を‟占拠”したとすると、マチューさんのおっしゃる南翼棟の屋根裏部屋が、その後の衣裳部屋ということでしょうかね。

yukaさん、いかがでしたでしょうか?^^

因みに、お返事をくださったマチューさん、なんとも偶然なことに、この5月にマリー・アントワネットの衣装収納部屋に関する書籍を出版するそうですよ!!
Amazonで買えたら、買ってみようと思います♪

2018年1月15日月曜日

ルイ16世は包茎手術をしたか否か?

皆様こんにちは!
ブログ立ち上げ当初の勢いはなくなっていますが
細々とこのブログも続けております^^;
もちろん、出版の夢もあきらめておりませんよ!^^

ところで、一つ前の記事『マリー・テレーズ(マダム・ロワイヤル)の遺書』のコメント欄に
miyo様から

 『ルイ16世は身体的事情でマリーアントワネットとの子供がなかなか授からなかったと日本のウィキペディアには書いてあったのですが、数年前にテレビ番組で大好きな狩猟を休んだ記録がないから手術はしていないと言っていたのですが、kayoさんの見解は手術をしていたということでしょうか?』

とのご質問を頂きました。

「ルイ16世の身体的事情」が何かをご存知無い方のために簡単の説明しますと
要するに彼は「包茎」だったのですね^^;
その為、ルイ16世は妻、マリー・アントワネットとの子作りの際に苦痛を伴い、行為が遂行できず、よって婚姻後7年経っても世継ぎが残せないでいた・・・と一般的に言われているわけでございます。


私がこれまで読んできた書籍や文献には、ルイ16世は「包茎手術をした」と記述されているものが多かった…というより、手術によって「夫の役目」が果たせるようになったという通説を前提として書かれているものが多かったように思います。
実際、結婚以来、7年間「夜の営み」がうまく遂行されないでいたのは事実で、この「営み」がきちんと「成された」のは、1777年8月18日月曜日と言われています。(オフィシャルにそんな『記念日』が後世にまで残ってしまうなんて^^;;)これはマリー・アントワネットが8月30日に母親に宛てた手紙の内容や、メルシー伯爵の報告等からわかるのですけどね^^;そして翌年、マリー・アントワネットは無事妊娠しています。
なので、それまでうまくいっていなかった「営み」が突如としてうまくいくようになったきっかけとして、
前記事のコメント欄にも書きましたが、この問題の解決のために、マリー・アントワネットの兄ヨーゼフ2世が、わざわざオーストリアからフランスへ来て義弟に発破をかけたという経緯があり、それを受けて『手術』という、決定的なものがあったものと信じ込んでいました。

しかし今回をきっかけに改めて調べてみると・・・

なんと、『手術をした』という記述のある当時の資料等が、実は何も無い!!


そうなんです。オフィシャルな文献は元より、ルイ16世本人が書いた日記の中、他の王族や側近による書簡、回想録等々、どこを探しても、ルイ16世が包茎手術をしたなんて記述は一切無いんです!!

有名なフランスの歴史学者フィリップ・ドゥロルムも書いているように
多くの歴史家は『1777年に来仏したヨーゼフ2世の強い勧めにより
ルイ16世は包茎手術を受けることに同意した』と主張しており、それが定説になっているのは事実です。(それが史実なのだと信じていました)
しかし、先に書いた通り、実際に手術したことを証明する文献や資料は、どうやら何も残ってないのですね(汗)
唯一、ルイ16世の担当外科医であったジョゼフ・マリー・フランソワ・ド・ラソンヌ医師が
1782年9月に、ルイ16世の陰茎の筋を切開する手術をしたと‟思われる”文献はあったのですけど、マリー・アントワネットが第一子のマリー・テレーズ王女を出産したのが1778年12月ですから
仮にこの手術が本当に行われていたとしても、それは長らく遂行されなかった「営み」が達成するきっかけとなった手術ではないわけですよね。

因みにフランスのウィキペディアには、ラソンヌ医師と、パリのオテル・デューの外科医、モロー医師の両者が、ルイ16世は(身体的に)いかなる不能もなく、(包茎)手術の必要は無いという考えを示した、との記述があり、同じことが他の資料や文献でも見られました。
そもそも、国王が包茎だったということにも疑問を唱えている歴史家、アマチュア研究家の意見も散見され、「営み」が7年間遂行されなかったのは、包茎のせいなんかではなく、単に性への目覚めが遅れていたから、ルイ16世の奥手な性格故、という意見も多かったです。そして、妻の寝室へ出向こうにも、常に宮廷人がウロウロしている『牛眼の間』(ヴェルサイユ宮殿の、国王の居殿と王妃の居殿を繋ぐ大広間)を通らなければならなかったので、彼らから好奇の目で見られるのが嫌だったからとも。


いやぁ~私もいわゆる通説を信じ切っていて、こういった見解が出ているとは知りませんでした。
勉強不足であったと反省しております(汗)


2007年に書かれたフランスのあるネット掲示板に、「ルイ16世は手術をしていないのではないか」という見解を持ったアマチュア歴史家のディスカッションが交わされており、 その中の一人が「ルイ16世は(性行為ができるようになるための)手術をしたという痕跡は何も無い。その代わり、ルイ16世は『狩り』をすることも、『馬の上に乗る』ことも、やめたことは一度もなかった」なーんて、フランス人らしい(?)エスプリを効かせた書き込みをしておりました(笑) 
まあ、エスプリはこの際置いておいたとして、実際に「狩猟を休んだ記録が無いことから、手術はしていないだろう」という見解ってあるのでしょうね!(私は今回、そういった記述は残念ながら見つけられなかったですが-_-)

ということで、miyoさん、今日いろいろ調べてみたことを踏まえると
「手術をしていない」可能性の方が、実は高いかなと思い始めています。
真実は誰にもわかりませんが、そう考える方が妥当かな・・・という考えに変わりました^^;
今回このような勉強をできて良かったです。きっかけを下さり、ありがとうございました。


 


2017年8月8日火曜日

マリー・テレーズ(マダム・ロワイヤル)の遺書

こんにちは!毎日お暑ぅございます><

Shikaba Yuko様、フォロワーになって下さいまして、ありがとうございます!!
なかなか更新できませんが、今後とも宜しくお願いいたします( ◠‿◠ )

さてさて、マリー・テレーズが死後100年したら公開して欲しいと言い残した手紙の件、ようやく調べがつきました!
コレ、手紙というより、『遺書』でした^^; だから『Madame Royale  lettre  cent ans(マダム・ロワイヤル、手紙、100年)』と検索しても、うまくヒットしなかったのでしたー(ToT)
でも、もしかして遺書?と思って、『lettre(手紙)』のところを『testament(遺書)』にしてみたら
ビンゴ(^◇^)/  出てきましたよ~^^

因みに『Marie-Thérèse(マリー・テレーズ)』と、仏語のページで検索すると
マリー・アントワネットのお母さんのマリア・テレジアの方がドバーっと出てきちゃいます。
フランスでは、『マリー・テレーズ』と言うと、テレジア母さんの方になるので・・・
(ご存知の通り、マリー・アントワネットが敬愛する母の名を娘につけたから、同じ名前なのですが)
なので、フランスでは娘のマリー・テレーズの方は、一般的にマダム・ロワイヤルとか
マリー・テレーズ・ド・フランス(オーストリアのマリー・テレーズではなく、フランスのマリー・テレーズという区別をして)なんて呼ばれています。

で、問題の遺書ですが、開封されているようです。
ただ、彼女の遺言通り、死後100年経って開封されたのではなく、50年後に開封された・・・
なんて記述がありましたが・・・。
また、フランス外務省の公文書として残されていたわけではないそうで、
どうやらオフィシャルには『マダム・ロワイヤルの遺書』と認められてはいないようです。

遺書の内容は、ROCOCOさんのご指摘通り、夫と義父の板挟みにあっての愚痴や恨み節が綴られていたそうで、特に歴史的にビッグニュースになるような内容は何もなかったとか。
とりわけ歴史家をがっかりさせたのが、弟ルイ17世に関する新事実が何かしら解明されるかと思いきや、弟についてな~んにも書いてなかったことだそうです。

現在その遺書がどこに保管されているか、どこにも記述が見当たらなかったのをみると
これもROCOCOさんのおっしゃる通り、行方不明になっているのかもしれませんね!

ミミさん、これくらいしかわかりませんでしたが、いかがでしょう?^^;

2017年3月8日水曜日

『池田理代子 麗しの世界』デビュー50周年&ベルばら45周年記念ムック本発売!!

いやー大変ご無沙汰しております!!
何年振りの投稿でしょうか^^;
なかなかブログまで手が回らない生活を送っていますが
とりあえずちゃんと生きています^^;;

今日は、タイトルにある本の紹介です。
ご存知、『ベルサイユのばら』の作者、池田理代子氏のデビュー50周年
及び『ベルばら』45周年を記念して
宝島社より一昨日3月6日に発売されたムック本です。
『ベルサイユのばら』『オルフェウスの窓』を柱に、池田理代子全作品の魅力が紹介されており
池田理代子先生ご自身のほか、宝塚で『ベルばら』に係った関係者や池田理代子ファンの著名人の方々のインタビューも織り交ぜ、麗しい世界観を浮き彫りにした本となっています。
 
実は、僭越ながら、私もこの本の製作に協力させて頂きました^^
"『ベルばら』ゆかりの地 フランス紀行~登場人物の足跡を訪ねて~"
というページのところで、写真提供と、それぞれの写真のキャプションを書かせて頂いております。6ページ分あります^^
 
ベルばらファン、池田理代子ファンの方々のツボをぐいぐい押す作品だと思いますので
是非お手に取ってみて下さい^^
 

 

2014年8月5日火曜日

またテレビに出ます^^

あまりにも久しぶりな書き込みなので
どなたも読んで下さらないかもですが・・・^^;


実は今夜、再びBS11局にて、テレビにちょっと出ます。
21時~の『報道ライブ21 INsideOUT』という番組の中です。
http://www.bs11.jp/news/2513/


フランスと日本における、子育ての違いなどについて語られるそうですが
両国で出産・育児経験があるということで、インタビューを受けました。


もしお時間があったら、ご視聴下さい^^